次の疑問が出てくる

”でも、
それはおかしい、
世の中にはこれがいやだ、
辛いと思うようなことを、
選択し続けているひとがいる”

”もし、
ひとはつらいことから遠ざかるとしたら、
なぜ?
好きでもなくつらい思いをすることを、
選択し続けるのだろう?”

この疑問によって、
観念や定義を深く探究できて、
自分が、
ある行動をする理由が、
わかってくるんです。

”ひとは、
自己保存の感覚から、
苦痛やつらいことより、
快適なことを選択するのだ”
と知っているにもかかわらず、
自分にとって、
つらいことを選択し続ける。

これは、
自分の持っている観念や定義について、
重要なことを、
教えてくれているんです。

それは、
こういうことなんです。

”これは苦痛に見えるけれど、
この行動を選択する方が、
自分にはメリットがある”
という観念を教え込まれているからなんです。

こんな観念を持っているから、
”選びたくない”
と言いながら、
あるひとつの行動を、
選び続けてしまうことになるんです。

このブログ記事がよければ、
ポチッと!ありがとう!!
精神世界ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です