信頼ということ

”疑う”ということを、
信頼のない状態、
信頼できていない状態というふうに、
定義すると、
まわりから切り離され、
孤立感を感じ始めると思うんです。

そうなってくると、
周りとのつながりを回復するために、
努力をしたり、
何かを学ぼうとするはずなんです。

まわりとのつながりを、
回復させるために、
必要なツールや能力を、
努力して手に入れようと考えていると、
だんだん、
自分には、
能力がないような気持ちになってくるはずなんです。

そうして、
自分には、
できないことがあるという気持ちになって、
そうすると、
その気持ちを表すような行動をしてしまって、
”自分にはできな”というような現実を、
創り出してしまうことになるんです。

だけども、
定義の仕方を変えると、
問題が、
完全に、
消えていくことがわかるはずなんです。

疑いを、
信頼がない状態と定義する代わりに、
”好ましくない観念を100%信頼している状態”
だというふうに定義してみるんです。

このブログ記事がよければ、
ポチッと!ありがとう!!
精神世界ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です