予測は変化する

予言とか、
予測というのは、
予言や予測がされた時点でのエネルギーを、
読み取っているんです。

本当は、
次の瞬間に、
何が起きるのかわからない、
起きてみないとわからないんです。

次の瞬間に、
起きる出来事も、
出来事が作り出されるためには、
エネルギーが必要なんです。

そのエネルギーを、
読み取って、
このエネルギーのまま進んでいけば、
予測されたことが、
起きてしまうということなんです。

だけども、
エネルギーを読みとることで、
起きる出来事を、
知ってしまうと、
起きるはずのエネルギーを、
変えてしまうことも可能になってくるんです。

エネルギーには、
慣性力があるので、
慣性力よりも強いエネルギーで、
変えようとすると、
出来事は、
変わってしまうことになるんです。

予測や予言が外れるということなんです。

慣性力が、
変えることができないくらいに、
大きエネルギーならば、
そのまま、
予測されたことが、
起きるということなんです。

予測や予言が当たったということなんです。

このブログ記事がよければ、
ポチッと!ありがとう!!
精神世界ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です