癖や習慣を変える

習慣とは知らずにやっている行動”と定義することが、
できると思うんです。

だからもし、
自分に習慣がある、
自分にとって都合の悪い癖に、
気がつくと、
それは癖ではないということなんです。

習慣や癖に気づいたとき、
それは習慣ではないということなんです。

多くの人は、
習慣に気づいたときが、
習慣の始まりだと思っていますが、
習慣に気づいたときには、
それは習慣ではなくなっているということなんです

習慣ではないと気づいたときから、
習慣ではないとすると、
疑問がひとつ出てくるはずなんです。

それは、
“習慣でないとすると、
繰り返しやってしまうのはどうしてだろう?”
という疑問なんです。

その答えは、
“自分で選択してやっている”
ということなんです。

“自分で選択している”ということに、
気づくと、
また、
疑問が出てくるはずなんです。

“やりたくないと思っているのに、
選択しつずけるのはどうしてなんだろう?”

それは、
やりたくないと思っていても、
選択してしまうメカニズムがあるということなんです。

このブログ記事がよければ、
ポチッと!ありがとう!!
精神世界ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です