自分を生きていないとき

源から返された自分の波動を、
ブループリントが受け取ったとき、
自分自身を生きていれば、
「わくわく」や喜びというような気持ちになるはずなんです。

自分自身を生きていなければ、
痛みや苦しみというような気持ちになってくるんです。

それで、
自分がどんな風に、
この世界を考えているのかが、
わかってくるんです。

自分自身の波動は、
自分のパーソナリティの中の観念や定義付けが、
もとになっているからなんです。

そうして、
みなさんが、
自分自身を生きていても、
自分自身を生きていなくても、
みなさんが体感したことは、
源へ送られるんです。

源、
「大いなるすべて」から見ると、
みなさんが、
「わくわく」を感じていても、
痛みを感じていても、
どちらの場合でも、
一つの経験として、
蓄積されていくんです。

そうして、
ひとつのサイクルが終わるんです。

サイクルが完結すると、
再び、
源から、
みなさんのパーソナリティに向かって、
創造のエネルギー、
無条件の愛のエネルギーが、
送られてくることになるんです。

このブログ記事がよければ、
ポチッと!ありがとう!!
精神世界ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です