不安を感じること

不安を感じること自体は、
悪いことではないんです。

不安を感じることを、
怖がることがよくないことなんです。

どうして、
不安を感じることを、
怖がるのが良くないのかというと、
不安を感じることを怖がることは、
感じている不安な出来事が、
起きてくることを、
望んでいることと同じだからなんです。

不安を感じることを怖がっていると、
不安なことが、
起きてきてしまうんですよ。

不安な感じというのは、
こころの中に、
ネガティブな考えを持っていることを、
知らせるシグナルなんです。

“早く手放した方がいいよ”
と教えてくれているだけだからなんです。

そうして、
日々生活をしていて、
まだ起きていない出来事に、
不安を感じることがあると思うんです。

まだ起きていない出来事に、
不安を感じてしまったということは、
まだ起きていない出来事を、
本当は経験するはずが、
まだ起きていない出来事を、
知って不安を感じることで、
避けることができるんですよ。

まだ起きていない出来事を、
イメージして、
不安を感じることを、
怖がらなければ、
目の前を通り過ぎていくだけなんです。

このブログ記事がよければ、
ポチッと!ありがとう!!
精神世界ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です