自分を理解する

自分を理解するということは、
自分は何者なのかということを、
理解することなんです。

”わたし”ということを、
理解することでもあるんです。

そうして、
“わたし”が何者なのかが理解できると、
現実で経験するということも、
理解できるはずなんです。

どうしてかというと、
“わたし”が思っていることが、
目の前に現われて、
そうして、
現実として経験しているからなんです。

だから、
“わたし”というのは、
経験している自分自身であり、
目の前に見えている現実すべてでもあるんです。

”わたし”が、
”自分”だと思っているので、
”個”としての自分がいるんです。

そうして、
“個”としての自分が、
思っていることが、
現実の世界として、
目の前に見えて経験できるんです。

目の前で経験していることと、
こころの中で思っていることに、
ほんの少しの誤差もないんです。

だけども、
こころの中の変化に、
合わせて物質的な現実は、
変わらない場合があるんです。

それは、
物質的な現実は、
時間を追って、
ひとつひとつ、
経験していく世界だからなんです。

このブログ記事がよければ、
ポチッと!ありがとう!!
精神世界ランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です