自分自身に目を向けて

自分自身に目を向けて、
“自分とはどんな存在なんだろう?”と、
問いかけてみて下さいね。

自分の目の前に広がる、
物質的な現実は、
自分自身のこころの中の投影だということを、
ほんの少しだけでも、
考えてみて下さい。

みなさんが、
自分の事を、
自分だと、
認識できるということは、
外の世界を、
経験できるということでもあるからなんです。

“わたし”ということが、
わからなければ、
経験できる現実も、
創造できないからなんです。

みなさんが、
本当は、
どんな存在なのかということに、
気がつけば、
まわりのひとがやっていることは、
すべて、
“わたし”のためにやっていることも、
気がつけるはずなんです。

そうすると、
まわりで起きている出来事も、
”わたし”のために、
起きる必要が起きたということも、
わかってくるはずなんです。

嫌だなと思うような出来事にも、
必ず、
意味はあるんです。

ひとつ上の”わたし”から、
眺めてみると、
気がつけるはずなんです。

このブログ記事がよければ、
ポチッと!ありがとう!!
精神世界ランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です