奇跡的なことを

奇跡的なことを経験すると、
たまに、
別人のように変化をするひとがいると思うんです。

奇跡的なことを、
経験したひとは、
文字どおり、
別人になっているんですよ。

並行している別の現実を、
生きているそのひとに、
滑り込んで移動したからなんです。

だけども、
変わったという感じはあるかもしれませんが、
別のひとだという感覚は、
あまりないはずなんです。

どうしてかというと、
”ものごとは連続して起きなければいけない”
という考え方を持っているからなんです。

そうして、
”変化は少しづつしか起きない”
という考えを持っているからなんです。

奇跡的な変化は、
普通、
起きないような、
大きな変化が、
起きることなんです。

ほんの少し前と、
「今」と、
ほんの少し後で、
「今」までよりも、
大きな変化を、
経験することで、
大きな違いをつくるひとへと、
滑り込んでいったんです。

みなさんの周波数が、
高くなっていけば、
同じ変化を起こすのに、
たくさん時間を創りだす必要がなくなってくるんです。

奇跡的な変化を、
経験したのと同じようなことを、
経験できるようになるんです。

このブログ記事がよければ、
ポチッと!ありがとう!!
精神世界ランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です