ひとりぼっちというのは

本当は、
ひとりぼっちになることは、
不可能なんです。

孤独だとか、
ひとりぼっちだとかいう考え方があるだけで、
みなさんは、
「大いなるすべて」という、
ひとつの意識の経験の窓だからなんです。

みなさんのまわりにみえているものも、
すべて、
みなさんの観念を通して、
「大いなるすべて」が、
反映させてくれているものなんです。

みなさんが、
”わたし”という、
自分自身を認識している場所が
「大いなるすべて」の場所だからなんです。

そうして、
違いを創りだすことで、
みなさんが、
みなさん自身だという個を、
経験しているんです。

物質的な世界では、
違いを創ると、
バラバラに、
別のものに見えてしまいますが、
本当は、
ひとつのものから出来ていて、
違いを創っているだけだからなんです。

だから、
本当のこといえば、
他人というのはいないんです。

「大いなるすべて」が、
違いを創りだしているから、
他の人がいるように感じられるんです。

誰かと会話をしていても、
すべてが、
ひとり言になるんです。

このブログ記事がよければ、
ポチッと!ありがとう!!
精神世界ランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です