目の前にあるものは

みなさんの目に前にあるものが、
絶対的に、
みなさんの目の前にあるとは限らないんです。

みなさんの目の前にあるものは、
みなさんが、
目で見たり、
手に触れたり、
においを嗅いだりして、
目の前にあるということがわかると思うんです。

だけども、
それは、
頭の中で、
目で見ているという感覚、
手で触れているという感覚、
匂いで感じているという感覚を、
創りだしているだけかもしれないんです。

みなさんが、
経験している世界が、
絶対的に、
物質的に、
存在しているとは、
限らないということなんです。

みなさんの頭の中で、
物質的な世界が、
絶対的に、
存在しているという夢を、
見ているだけかもしれないんです。

みなさんが、
”わたし”ということを、
認識できるのならば、
”わたし”が、
”世界を眺めることができるのは、
どうしてなんだろう?”
と考えてみて下さい。

みなさんは、
両親から生まれてきて、
みなさんの両親には、
両親がいるというふうに、
遡っていくと、
”どうしてこの世界があるのだろう?”
ということにたどり着くと思うんです。

このブログ記事がよければ、
ポチッと!ありがとう!!
精神世界ランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です