すべては同時に起きている

「大いなるすべて」は”存在の構造”なんです。

「大いなるすべて」の”存在の構造”とは、
すべての出来事、
すべての瞬間は、
同時に起きているということなんです。

「大いなるすべて」が、
”わたし”という認識を、
持つと同時に、
すべてを眺めているんです。

体験をすることで、
「大いなるすべて」は、
”わたし”とは、
どんな存在であるのかを、
探求しているんです。

だけども、
物質的な世界を、
経験するには、
時間とか、
空間が必要になってくるんです。

物質は、
時間とともに、
変化をして、
物質の大きさが入る空間が、
必要になるからなんです。

だけども、
「大いなるすべて」の視点から見ると、
空間も時間も、
物質を、
経験するためだけのフレームみたいなもなんです。

リアルに時空が存在しているわけではないんです。

”存在の構造”を、
理解することは、
人生の生き方の取扱説明書を、
理解するようなものなんです。

みなさんのハイヤーセルフは、
いつもいつも、
”存在の構造”を、
眺めているんです。

このブログ記事がよければ、
ポチッと!ありがとう!!
精神世界ランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です