知らないすべてと知っているすべて

「ひとつ」は、
自分自身が、
存在してことを、
知らない”すべて”なんです。

「大いなるすべて」は、
自分自身が、
存在していることを、
知っているすべてなんです。

「ひとつ」と「大いなるすべて」は、
自分自身が、
存在していることを、
知っているか、
知っていないかの違いなんです。

「大いなるすべて」は、
いろいろなことを、
目や耳や、
いろいろな感覚器官を使って、
体験をしている状態なんです。

「大いなるすべて」が、
目を閉じて、
眠ってしまって、
意識を失っている状態が、
「ひとつ」なんです。

「ひとつ」は、
原初の光なんです。

無限のスピードで、
動きながら、
互いに反対向きのスピンのエネルギーを、
創りだしているんです。

そうして、
反対向きにスピンをしているエネルギーが、
交わっているところに、
物質が、
創りだされてくるんです。

「大いなるすべて」は、
エネルギーが物質を創りだして、
いろいろなことを、
経験できることを、
知っているんです。

「ひとつ」は、
自分が、
エネルギーを、
創りだしているのですが、
自分が、
創りだしているということも、
知らない、
わかっていないんです。

このブログ記事がよければ、
ポチッと!ありがとう!!
精神世界ランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です