存在するということ

存在するということは、
ポジティブなエネルギーと、
ネガティブなエネルギーが、
混ざり合っている状態なんです。

お互いに支え合ったりして、
お互いが、
お互いを、
認識している状態が、
存在しているということなんです。

相反するものが、
対になっている状態が、
存在の単位になるんです。

だから、
何かが”ある”ということは、
”ある”のなかに、
ポジティブな働きと、
ネガティブな働きが、
同時にあって、
”ある”ということが、
成立するんです。

自分ということを、
自分で認識するためには、
自分以外のものが、
必要になってくるんです。

だけども、
自分と自分以外は、
対になって、
自分自身を認識するということを、
成立させているんです。

この世界の始まりは、
自分が、
何者かわからない状態から、
”わたし”という認識を、
創りだしたときから始まっているんです。

そうして、
”わたし”が”わたし”だという認識を、
創りだすためには、
“わたしでない”というものが、
必要になるんです。

このブログ記事がよければ、
ポチッと!ありがとう!!
精神世界ランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です