地球の並行現実は

2012年に、
出発した列車は、
加速をしながら、
それぞれのリアリティへ向って、
走り続けているんです。

最初は、
ひとつの列車が、
ブレイクスルーしたことで、
いろいろなリアリティへ向っていく、
たくさんの列車になって、
それぞれのリアリティへ、
走り続けているんです。

光を、
プリズムで、
分光するみたいに、
分かれていったんです。

初めは、
隣の列車との距離が近くて、
乗り換えは、
簡単に出来ていたんです。

だけども、
あれから5年が経過して、
隣の列車との間隔が、
かなり広がってきているんです。

列車を乗り換えること、
みなさんが経験するリアリティを、
乗り換えることが、
だんだん、
難しくなってくるんです。

「わくわく」するリアリティを、
生きていないひとにとって、
「わくわく」することが、
なくなることはないんです。

「わくわく」するリアリティを、
感じ取ることができなくなって、
隣の列車へと乗り換えが、
難しくなってしまうんです。

そうして、
列車と列車との間隔は広がって、
ひとつの列車は、
いろいろな行き先の列車を創りだして、
たくさんの並行現実が、
創りだされているんです。


このブログ記事がよければ、
ポチッと!ありがとう!!

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
Kindle本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です