ひとは自分を映す鏡

みなさんのまわりにいるひとを見て、
どんな気持ちになるのか、
気をつけてみて下さいね。

まわりにいるひとがやっていることに、
ネガティブな感情が出てきたときは、
自分のこころの中に、
ネガティブな考えがあるからなんです。

みなさんが、
ネガティブなことを信じることなく、
自分自身を否定することを信じていなければ、
みなさんのまわりにいるひとが、
どんなことをやっていたとしても、
うらやましいとか、
嫉妬の気持ちは、
出てこないはずだからなんです。

“自分には出来ない”とか、
”自分には受け取る価値がない”という考えを、
信じているから、
妬みとかの気持ちになってしまうんです。

もし、
”自分にも出来る”とか、
”自分にも受け取る価値がある”と信じていれば、
幸せな気持ちになるはずなんです。

そのひとと共感できるはずなんです。

そのひとが、
みなさんのこころの中に、
ネガティブな考えを持っているということを、
教えてくれたということなんです。

こんなふうに考えれば、
その人に対して、
嫉妬の気持ちとか、
出てこないはずなんです。

このブログ記事がよければ、
ポチッと!ありがとう!!
精神世界ランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です