こころの中の観念は

こころの中で、
”これが当たり前のことだ”
と強く信じている観念には、
ある特徴があるんです。

それは、
その観念を、
持ち続けてもらうために、
ひとつの強い観念を持っているとき、
それ以外の観念、
考え方が存在しないように、
錯覚させたり、
ネガティブな観念には、
不安や恐れを感じさせて、
ネガティブな観念に、
気がつかないようにしむけるという、
特徴があるんです。

ネガティブな観念が、
ひとつあると、
ネガティブな観念は、
意識を、
どんどん、
小さく小さく、
切り刻んでいくんです。

そうして、
切り刻まれた意識が、
複雑に絡まってきて、
気がつきにくくなってしまうんです。

ネガティブな観念で、
意識が、
切り刻まれているひとは、
その場その場で、
いっていることが、
変わる、
ブレる人になってしまうんです。

だから、
「わくわく」を行動していて、
こころの中で、
なにかネガティブな感覚を覚えたら、
必ず、
こころの中を、
チェックして、
クリーンアップしていて下さいね。

見えている現実に、
期待せずに、
「わくわく」を行動していてください。


このブログ記事がよければ、
ポチッと!ありがとう!!

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
Kindle本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA