存在しているということ

存在しているということは、
光と闇が、
共存しているということなんです。


存在しているということは、
光と闇が、
共存しているということなんです。
どちらかひとつだけが、
存在するということは、
不可能なんです。
光は、
闇の部分があるから、
それが光だということが、
わかるのだし、
闇は、
光があるから、
闇があるということが、
わかるからなんです。
だからもし、
みなさんが、
真っ暗な闇の中にいるとしても、
その闇から抜け出すための、
光を経験するための、
扉は、
必ず、
みなさんのすぐ近くにあるんです。
闇があるということは、
光があるということだからなんです。
だから、
みなさんが、
経験している出来事は、
すべて、
意味がないんです。
すべての出来事には、
光の意味と、
暗闇の意味が、
共存しているからなんです。
相反する意味が同時にあるから、
すべてのものごとは、
存在できるからなんですよ。
そしてそれは、
無条件の愛、
そのものなんです。
存在しているというこは、
無条件に愛されているということなんです。
この世界から、
みなさんは、
無条件に愛されているから、
みなさんが、
暗闇を経験することを、
選択すれば、
暗闇を経験させてくれるのだし、
また、
光も経験させてくれるんです。


このブログ記事がよければ、
ポチッと!ありがとう!!

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
Kindle本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です