向かっている方向

皆さんのまわりにいる人たちというのは、
みなさんを映す鏡です。


また、
皆さんのある部分が、
まわりの人達だということなのです。

だから、
本当は自分だけが、
よければ他の人は知らないということは、
ないんですよ。

対岸の火事というのは、
ないんです。

これから、
この世界がどんな方向に、
向かっていこうとしているのかというと、
「分かち合い」
の方向ですよ。

全く知らない、
見ず知らずの人でさえも、
それは、
「大いなるすべて」から、
無条件の愛を受けてこの世界に生きている、
皆さんの分身なのです。

自分一人だけが生きているのではないということを、
そして、
自分以外の人に何かを与えるということは、
自分自身に与えているのと同じだということを、
早く気がついて下さいね、


このブログ記事がよければ、
ポチッと!ありがとう!!

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
Kindle本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です