自分自身に責任がある

皆さんが体験している現実が、

自分の気に入っている状態でも、
面白くないと思っている状態でも、
すべては皆さん自身に責任があるのです。


皆さんが体験している現実は、

皆さんが信じていること、
皆さんがもっている観念を映し出す鏡なのです。
だからたとえ面白くないと思っていても、
それをまわりのせいにしないで下さい。
あの人がいるから、
ひどい目に遭うんだなんて、
考えないで下さい。
もし、
面白くない、
あるがままの自分を生きていないと感じるならば、
どんなことを信じているのか、
どんな観念を持っているのか、
分析的な考える力を使って、
「私はどんな観念を持っているのだろう」
と自分自身を分析してみて下さい。
そして、
「私はこんな観念を持っていたんだ」
と素直に認めてあげて下さい。
そうすると、
その否定的な、
面白くないことを引き起こしていた観念は、
もう力を失います。
後は、
「わくわく」を行動して下さい、
ニコニコ笑顔で行動して下さい。

このブログ記事がよければ、
ポチッと!ありがとう!!

精神世界ランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
Kindle本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です